FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチりと避難者を1枚

避難者



この写真は、太向館長が皆さんの許可を取って写して下さった1枚です。

諸橋記念館は、全国ニュースでも流れている「下田地区」にあります。

幸いにも高台に有るため、諸橋記念館が水難にあったら、三条市はほぼ全滅の危機に陥るかもしれません。


記念館の職員から聞いた話しです


「とんでもねぇことになってますて、記念館の庭園が川になってますて。」というのが、本日午後2時過ぎ位だったと思います。「段々避難者が増えてきました。」というのが、午後4時くらいだったかな。諸橋記念館は、三条市の避難所に指定されていないのですが、記念館の下の国道沿いに住んでおられる方々が避難されているようです。


この地区は、旧下田村の庭月という場所です。この地域は、「お隣さん、ご近所付き合い」が残っている地域です。それが証拠に「記念館に避難しなってから、皆さんで連携して食料や飲物等を調達して来なさったんですて。」と、職員の話し。


写真の部屋は、記念館の2階にある「お茶室」です。


しかし、どの方とは申しませんが顔なじみの方が…


これから、明日にかけて猛烈な雨が降るとか、どうか無事にご自宅に戻れますようにお祈り致します。




と、言っておきながら…

海たんの家は、諸橋記念館のすぐ近くを流れている「五十嵐川」沿いに車で下ること約35分ほどのところです。五十嵐川と信濃川が、合流する地点の岸から歩いて10分ほどの場所に住んでいます。

ある三条市民との会話「いやぁ~ まいったね~ 今度はどっちが切れるろ。」「今回は、信濃川もあぶねっけね~。」と私。「まぁ~ なるようにしかならんね。」と、7年前に被害に遭った人。


現在は、正に嵐の前の静けさみたいです。


五十嵐川と信濃川の水位は減っていないようですし、神様だけが知っているってとこですかね~ (^^)”




祈平安


新潟県漢詩連盟、嵐城吟社
             海たん










コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

粤の管理人

Author:粤の管理人
新潟県漢詩連盟ブログ『粤の国から』
「えつのくにから」と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。