スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回諸橋漢詩大会 受賞者の声


第3回諸橋轍次博士記念漢詩大会2日後  夕焼けの粟ケ岳です  ついに初冠雪(^^)



1




一般の部  最高賞  諸橋轍次賞を受賞された 

大輪サト子先生からメールをいただきました。ご本人のご承諾をいただきましたので転載させていただきます。

ご受賞、本当にお目出度うございました m(_ _)m


~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は大変お世話になりました。

まだまだ未熟な私が立派な先生方と席を同じくし緊張の連続でした。
皆様方へのご挨拶も充分にしないまま退席し、心苦しく思っております。


諸橋轍次博士記念漢詩大会でこのように大きな賞を戴くことになり身の引き締まる思いです。

私は漢詩を初めてまだ5年ですので漢詩の長い歴史を思いますと、
漢詩の門の前で推してみようか、敲いてみようかと思案しているところです。

お陰様で素晴らしい師と仲間に恵まれ、毎月の例会が楽しみになっています。


今年の日本は3月11日を抜きにしては語ることは出来ません。
私自身中学以来の友人を 一人亡くしました。(当時 宮城県山元町在住)
「漢詩に携わるものとして、被災地のみなさんにどんな支援ができるか・・・」という
恩師の思いから6月~7月はそれら関連の詩を作りました。

私なりの被災地への応援を詩にしたのが、「高田一本松」 でした。
全てが破壊された絶望の中にも希望が残った、それがあの松ではないかと思いました。


これからは、この賞に恥じぬよう日々精進し、漢詩の楽しみを一人でも多くの方に
知っていただけるよう、努めて参りたいと思います。
大会を開催するにあたり、ご尽力いただきました皆様方に心より感謝し、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

諸橋轍次博士記念漢詩大会がこれからますますご盛況でありますようご祈念申し上げます。
簡単ですが、私の感謝の言葉とさせていただきます。


大輪 サト子


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


来年は、招待作家としてのご出品をお待ちいたしております。


新潟県漢詩連盟  嵐城吟社

            海たん









スポンサーサイト
プロフィール

粤の管理人

Author:粤の管理人
新潟県漢詩連盟ブログ『粤の国から』
「えつのくにから」と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。