スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日 五十嵐川の様子

7月30日の朝に

諸橋記念館(三条市下田地区)の太向館長が撮影された五十嵐川の写真です。

危険な状況にも関わらず、一昨日より記念館周辺の様子を伝えてもらっています。

ご苦労様です。


↓↓↓ 氾濫する五十嵐川

110730_五十嵐川3_convert_20110731084527


↓↓↓ コチラは諸橋記念館の隣にある庭月庵悟空から五十嵐川を撮ったと写真だということです。

110730_五十嵐川1_convert_20110731084357


道路のすぐ脇まで水が迫っているのが分かります。

110730_五十嵐川2_convert_20110731084415


記念館は30日午後まで停電だったということです。

現在は電気は回復したようですが、断水となっているようです。

今朝は福島を震源とする大きな地震もありました。

三条市も震度3です。

大雨の後なので、土砂災害にはご注意ください。






新潟県漢詩連盟、嵐城吟社
           海たん










スポンサーサイト

「自主避難所」として公表


さて、今ほど太向館長からメールがありました。


「その後当館も、「自主避難所」として公表されたようです。現在休んでいらっしゃる地域の方は15名、プラスマスコミ関係者1名です。」


記念館の職員3名も家に帰れず、記念館に宿泊です。


ということは、記念館の避難者は職員も入れて19名ですね。


諸橋記念館が開館して約20年、避難者が入ってこられたのは初めてのことだそうです。



おやすみなさい



新潟県漢詩連盟、嵐城吟社
           海たん








パチりと避難者を1枚

避難者



この写真は、太向館長が皆さんの許可を取って写して下さった1枚です。

諸橋記念館は、全国ニュースでも流れている「下田地区」にあります。

幸いにも高台に有るため、諸橋記念館が水難にあったら、三条市はほぼ全滅の危機に陥るかもしれません。


記念館の職員から聞いた話しです


「とんでもねぇことになってますて、記念館の庭園が川になってますて。」というのが、本日午後2時過ぎ位だったと思います。「段々避難者が増えてきました。」というのが、午後4時くらいだったかな。諸橋記念館は、三条市の避難所に指定されていないのですが、記念館の下の国道沿いに住んでおられる方々が避難されているようです。


この地区は、旧下田村の庭月という場所です。この地域は、「お隣さん、ご近所付き合い」が残っている地域です。それが証拠に「記念館に避難しなってから、皆さんで連携して食料や飲物等を調達して来なさったんですて。」と、職員の話し。


写真の部屋は、記念館の2階にある「お茶室」です。


しかし、どの方とは申しませんが顔なじみの方が…


これから、明日にかけて猛烈な雨が降るとか、どうか無事にご自宅に戻れますようにお祈り致します。




と、言っておきながら…

海たんの家は、諸橋記念館のすぐ近くを流れている「五十嵐川」沿いに車で下ること約35分ほどのところです。五十嵐川と信濃川が、合流する地点の岸から歩いて10分ほどの場所に住んでいます。

ある三条市民との会話「いやぁ~ まいったね~ 今度はどっちが切れるろ。」「今回は、信濃川もあぶねっけね~。」と私。「まぁ~ なるようにしかならんね。」と、7年前に被害に遭った人。


現在は、正に嵐の前の静けさみたいです。


五十嵐川と信濃川の水位は減っていないようですし、神様だけが知っているってとこですかね~ (^^)”




祈平安


新潟県漢詩連盟、嵐城吟社
             海たん










大雨です Ⅲ

うっすらと八木鼻も見えます。

これは午後3時頃、少し雨が止んだときの写真です。

110729_八木ヶ鼻_convert_20110729191258

110729_生家前の水田_convert_20110729185140


大雨です Ⅱ

毎年、諸橋記念漢詩大会で流觴曲水を行う庭園も、川のようになりました。

110729_池2_convert_20110729190938

110729_池3_convert_20110729191039

110729_池4_convert_20110729191101

110729_池1_convert_20110729190809

110729_池(研修室より)_convert_20110729190742

大雨です

今日は大雨のため、三条市全域に避難勧告が出ています。

当記念館も大雨の影響を受け、諸橋先生の生家も浸水しました。

まだまだ雨は続く模様です。

みなさん、気をつけてお過ごし下さい。

110729_生家裏1_convert_20110729185311_convert_20110729190056

110729_生家裏2_convert_20110729185433




海たん



7月25日(月)の三條新聞記事

こんにちは
本日も 諸橋轍次記念館より 発信いたします。

以下に掲載いたします画像は、
いずれも 7月25日(月) の三條新聞記事です。



20110725 三條新聞記事(総領事講演会・帰郷の博士) 001(縮小版)



諸橋轍次博士が ふるさと下田 を愛し、
晩年も、夏休みに帰郷することを
とても楽しみにしておられたことは
広く知られております。

時が経つにつれ、当時の博士と直接交流なさった方々から
思い出話をうかがうことも容易ではなくなりつつあります。

このような写真やエピソードは
貴重な資料として、大切に受け継いでいきたいと
つくづく思います。






また、
「諸橋轍次博士と一族遺墨展」
前期展は 7月24日(日) に終了いたしました。
たくさんの方々のご来館
誠にありがとうございました

そして、展示替え作業を経て
後期展が 8月6日(土) より始まります。

現在、後期展開幕記念企画となる
中華人民共和国駐新潟総領事館 王華総領事 の 講演会
のお申し込みを受付中です



20110725 三條新聞記事(総領事講演会・帰郷の博士) 002(縮小版)



今ならまだ席に余裕があります
この機会にぜひお申し込みください

詳しくは
諸橋轍次記念館 〔電話:0256-47-2208〕 まで

なお、整理券は
三条市立図書館 でもお配りしております。

王華総領事講演会のお知らせ

大家好

厳しい猛暑が続いておりますが、
みなさまは如何お過ごしでしょうか

連日、ニュースや天気予報で
熱中症対策を呼びかけております。
くれぐれもご自愛ください


さて、先日お知らせいたしました
「諸橋轍次博士と一族遺墨展」(前期展)
は、暑さにめげず好評開催中です。

期間は 7月24日(日) までとなっておりますので、
どうぞお見逃しなく


そして、
8月6日(土) より 後期展 が開幕いたします。

後期展では、“諸橋博士と地域とのかかわり”をテーマに
下田地区に遺された遺墨を中心に展示いたします。



さらに!!
その開幕記念として、
中華人民共和国駐新潟総領事館 王華総領事 講演会
を開催いたします。

■ 時間: 8月6日(土) 午前10時~11時 
■ 場所: 諸橋轍次記念館2階の研修室

聴講無料です
ただし、定員150名となっております。
整理券が必要ですので、当館までお問い合わせください。




110716『広報さんじょう』(総領事講演会)縮小版


上の画像は
『広報さんじょう』7月16日号 です。
すでにご覧になっている方も多いことでしょう
そちらも合わせてご参照ください

今朝の三條新聞

こんにちは
ふたたび、諸橋轍次記念館よりお知らせいたします。


今朝の三條新聞に、
「諸橋轍次博士と一族遺墨展」(前期)の記事が掲載されました



20110710 三条新聞記事「諸橋轍次博士と一族遺墨展(前期)」(縮小版)


大変うれしいことに、
展示作品についても、大きく紹介されております


ここで、ひとつ訂正と補足があります。
記事中に「後漢時代に親への孝を尽くした人物のエピソードからなる「二十四孝」」
とありますが、

「二十四孝」は、恐らく
漢代の劉向の孝子伝など多くの孝子伝の類からとり出されたもの 
と考えられており、
元代初期の作とも、唐代末期以前の作ともいわれております。

こちらの説明が足りなかったようで、
誠に申し訳ございませんでした。


今回、展示している「二十四孝」の「黄香」「丁蘭」ともに
当館での初展示作品です。

たくさん皆さまにご覧いただけましたら幸いです。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

「諸橋轍次博士と一族遺墨展」(前期)開幕!!

こんにちは
諸橋轍次記念館より、めいです。

連日、うだるような猛暑が続いておりますが、
皆さまは如何お過ごしでしょうか


当館では、本日7月9日(土)より
「諸橋轍次博士と一族遺墨展」(前期展)が開幕いたしました



20110709諸橋轍次博士と一族遺墨展(前期)014(縮小版)



今回の企画展では、
博士の書道作品のうち、特に額装として地域に遺されている作品に
焦点をあてました。

額全体の横幅が150㎝を超える
力強く迫力のある作品が一堂に会し、
間近でじっくりと鑑賞することができるようになっております


無料でご覧いただけますので、
この機会に、ぜひご来館ください

期間は、7月24日(日)までです。

お待ちしております。

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

粤の管理人

Author:粤の管理人
新潟県漢詩連盟ブログ『粤の国から』
「えつのくにから」と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。