スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第2回諸橋博士記念漢詩大会」記事

越後ジャーナル記事



この写真は、平成22年10月22日(金)の地元紙、越後ジャーナルに掲載された記事です。


第2回の講演会では、日本語のできる中国人研究者「李冬木(りとうぼく)」先生にお願い致しました。

李冬木先生は、海たんが14年間お世話になった京都の佛教大学中国学科の教授です。

諸橋轍次博士と李冬木先生が研究対象にされている「魯迅」の弟の「周作人(しゅうさくじん)」が、交流されていたことがご縁でした。この度、「中国における諸橋轍次」という演題で、講演をお願いすることができました。


諸橋博士は、大漢和の編纂だけが取り上げられがちです。しかし、今回の李冬木先生の講演をお聴きになると、新しい諸橋博士の功績がお分かりになると思います。


ぜひ、講演会にお出で下さい。




諸橋轍次博士記念漢詩大会実行委員会
新潟県漢詩連盟 嵐城吟社 海たん




スポンサーサイト

阿辻先生講演会4

講座風景18


この写真は、パソコンを操作しながら講義されている阿辻先生です。



講座風景19


こちらの写真は、講演会終了後に著書にサインされているところです。


タイムリーなことに、講演会終了後間もなくNHKの番組に出演されたこともあり、聴講者からは「なるほど~ そうだったのか~」という声が多く聞かれました(^0^)


私自身、戦後「漢字(国語)のテスト」が有ったということはしっていましたが、NHKの番組を見るまではどんな風にやったのか分かりませんでした。


阿辻先生の講演会がまた有ると嬉しいですね(^^)


諸橋記念館でのまたの機会を願っております。




新潟県漢詩連盟 嵐城吟社

             海たん




プロフィール

粤の管理人

Author:粤の管理人
新潟県漢詩連盟ブログ『粤の国から』
「えつのくにから」と読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。